LGBTとは? 働く人は知っておかないと大変なことになる時代に突入

LGBTについてシンプルにまとめたので、

忙しいセクシャルマジョリティー?の人は特にチラ見していただけると嬉しいです。

 

私は日本大好き人間ですが、

LGBTの観点では日本は残念ながら先進国とは言えない状況から抜け出せていないと思っています。

 

自民党の谷川とむ青年局次長や衆院議員 杉田水脈氏など、本来は日本を支えるべき政治家ですら、

あのような発言をしているという事実が日本の残念な状況をわかりやすく物語っています。

 

差別されてきた状況を見てカミングアウトできずに苦しんでいる方が多数いることを鑑みれば、

我々は理解しようとする努力しなければいけないのではないでしょうか?

 

 

人間は大抵自己中なので、ついついこうあるべきだという偏見をもち、他人にその価値観を押し付けてしまいがちです。

 

まずは、私を含め偏見をもってしまっているということに気づくことがファーストステップだと思います。

 

というのも、私自身も言葉では「他人を理解し、尊重することが重要」だと言いながら、

知らず知らずのうちに差別的な発言をして笑いの種にするなど、偏見から出る発言をしてしまうことがあります。

 

言っていることとやっていることが完全に矛盾しています。

 

心底で思っていることが、時として言葉として現れ、言った後に、差別をしてしまっていることに気づくことがあります。

 

そこで多様性、ダイバーシティーがうたわれる中、偏見を持っている自分への戒めも含めて、働く我々が最低限心がけることを中心に書いてみました。

 

LGBTとは

 

どのような統計かは不明ですが、

日本ではセクシャルマイノリティ(性的少数者当事者の数は13人に1人と言われています。

 

単純に考えれば、学校の1クラスに2人ということになります。

まずは、自分と違う状況で悩んでいることを知ることが重要になります。

 


LLesbian(レズビアン)の略

 ⇒ 身体と心の性別は女性で、性的指向も女性である人

GGay(ゲイ)の略:

 ⇒身体と心の性別は男性で、性的指向も男性である人

BBisexual(バイセクシュアル)の略

 ⇒ 身体と心の性別を問わず、性的指向が両性である人

TTransgender(トランスジェンダー)

 ⇒ 身体の性別と心の性別が一致しない人


    

どこ国でも社会問題として取り上げられているので、このような悩みを抱えている人がいる事実はしっかりと認識する必要があると思います。

             

 LGBTの象徴”レインボーフラッグ” 6色の理由は?

 

LGBTの象徴のレインボーフラッグは40年以上前に作られたそうです。

虹と言えば、赤、橙、黄、緑、青、藍、紫の7色です。

(豆知識:波長が長い順にならんでいます)

 

レインボーフラッグは7色ではなくて6色です。

色とりどりをスペクトラムで表現したかったそうです。

大量生産のためには6色にせざるを得なかったとのことでした。

 

LGBT先進国ではどう向き合っているか?

 

LGBT先進国で有名なのはカナダです。

 


1992年:カナダ軍が同性愛者への差別を終わらせる政策を策定

1996年:憲法中にある人権を守る条文の中で同性愛の自由を含む内容に修正

1997年:カナダ・ケベック州にて世界で初めて「性の好み(LGBTなど)による差別を禁止する」という法律が制定・施行

2005年:カナダ全土で同性結婚を認める

2017年:憲法中にある人権を守る条文の中でトランスジェンダーを含む内容に修正


 

日本において、有名人などのカミングアウトなどLGBTについて理解しようという流れはありますが、

それでもカナダより何年遅れているのでしょうか・・・

島国、村社会の宿命なのでしょうか。

 

 

企業がとりくむLGBTの必要性

 

グローバルで大きな企業ほどCSRが問われます。

CSRとは企業の社会的責任と呼ばれるものです。

 

大きな方向性として、差別をなくそうとしている社会を目指しているわけですが、

その社会の中に企業があるわけなので、社会からも差別撤廃は求められる訳です。

 

その要求に応えられなければ社会から企業が淘汰されるため、企業も必死に対策をしているという経緯になります。

 

昔のようにとりあえず良いサービス・商品を提供していればいいという時代は終わっているといっても過言ではありません。

 

 

 

 

カミングアウトした有名人

 

カミングアウトは勇気のいることがと思います。参考までにLGBT別にまとめてみました。

同じ悩みを抱えている人を救いたいという想いがなければ、

カミングアウトなどできないのではないでしょうか?

 


L牧村朝子、一ノ瀬文香

G: マツコ・デラックス,

B: カズレーザー、壇蜜、最上もが、

TGENKINGKABA.ちゃん、はるな愛、中村中


最近では海外の有名企業のCEOのカミングアウトもありました。

 

 

 

LGBT以外のセクシャルマイノリティーもある

 

タイではなんと18種類の性別があるとのことです。

タイもLGBT先進国で有名で、性転換手術術を受ける外国人で一番多いのは日本人とのことです。

 

 

以上、

LGBTについて少しでも理解が深まったでしょうか?

 

特に、働いている人は様々な人と関わり、多様な価値観をもったメンバーで様々な角度から目標に向かい、チームで生産性を上げていく必要があります。

 

そのためには、他人を理解することでお互いの信頼感・安心感につなげ、スムーズなコミュニケーションにつなげていき、答えが与えられていない新しい価値を作っていく必要があります。

 

喫緊の課題として、日本に住む我々はLGBTについて、知り、理解し、行動を改める必要があるのではないでしょうかS?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です