筋トレ 草野球 ~忙しい人用 それなりに活躍したいレベル編~

忙しい人向けです。
ビジネスマンには時間がありません。

仕事もきりがないし、家族サービスもしたいし、スキルアップもしたいし、やりたいこともきりないし・・・・

などお悩みではないでしょうか?

趣味や会社の付き合いなどで草野球にも参加はしているものの、

昔のようには行かなくてモチベーションが下がっている方はいらっしゃいませんか??

 

せっかく休日の時間を使って、仲間と草野球をやるからには活躍して、一目置かれたいですよね?

 

ほどほど草野球を楽しみたい人はぜひ参考にしてください。

 

大原則

 

週に2日、1回30分でいいのでトレーニングしましょう。
まずはこれだけでいいです!
欲張ると継続しません。

 

過去のパフォーマンスを出すには

最大限過去のパフォーマンスを出したい人はこちらを参照ください

 

超現実的な週間スケジュール案

 

月 仕事に集中

火 ランニング15分 & タオルシャドー & スクワットなど 計30分

水 仕事 と 家族サービス と自己研鑽

木 仕事に集中

金 バッティングセンター あるいは、素振り 等計30分

土 家族サービス

日:家族サービス と 自己研鑽/月曜の仕事の準備

 

 

時間捻出方法について

週に2回、各30分トレーニングできるかは、自分次第
無理だったら5分でも絶対にやるべきです。

携帯見てる時間を回せるはずです。
それができないのなら、向上心がないと言わざるをえません。

それでもいいのなら別です。

 

これくらいの時間を捻出するのであれば

ドラスティックな生活、仕事の進め方にメスを入れるまでもなく、なんとでもなるはずです。

トレーニングアプリなどをダウンロードして、寝る前でも朝でも時間を確保しましょう。

 

トレーニングする際のポイント

 

考え方として最も重要なポイントは、投げるのも走塁するもの、ベースは足腰です。

ジョギングできる体になっていると、不思議と投げるボールも安定感が増します。

だからこそ、足腰強化には最低限時間を割きましょう。

 

その上で、
投げるために重要なポイントは
実際に球を投げるのが理想
それができなければ、投げるときの筋肉をシャドーで動かすことが重要です。

打つために重要なポイントは、
実際に球を打つこと
それができないならば、
バットを振ること
それもできないなら
バットを振る最小限の筋肉をつける意味で、ウエイトトレーニングをすることが重要です。

 

最後に

昔のように思いっきり、走って、飛んで、かっ飛ばしたいですよね。
全盛期を体が覚えているだけに現実と向き合うと面白さが半減してしまう人もいるのではないでしょうか?

少しの努力で、試合のパフォーマンスは驚くほど変わります。
断言します。

少しでも鍛えることで、試合を楽しめる喜びを思い出しましょう!
初めは疲れて辞めてしまおうか悪魔のささやきが聞こえるかもしれませんが、つらいときは5分でもいいので継続的に頑張りましょう!
それが自信に繋がって、仕事もプライベートも好転するはず!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です